11/6 朗読劇TARO~語り継がれし物語・異聞~ニッポン朗読アカデミー・課外授業

 

roudokutaro.com

 

新規がすいません昼夜行ってきました。 

この朗読劇決まる少し前に、そうまくんがめちゃめちゃキャパ狭い会場で舞台やる夢見たからわたし予知夢の能力あるかもしれん。(何の話)

 

劇の内容は、桃太郎は実は鬼の子の出来損ないだった!鬼退治のあとにその事実に気づく桃太郎!自分の親族を自らの手で殺してしまった苦悩!金太郎との出会い!さらに、桃を拾った爺さんと婆さんは浦島太郎と乙姫だった!最後はかぐや姫と結婚して幸せになりましたとさ yo men(スペシャルサンクス:au)みたいな話が60分。au東芝もスポンサーではないんだよね?????と思っているうちに終わりました。

流行りのPPAPも台本にあったり、時事ネタを取り入れ(アドリブあり)、だいぶカジュアルな昔話になってました。

昼夜で演じる役は変わるんだけど、演者が変わると話の雰囲気だいぶ変わる!特に男の子は、桃太郎とおじいさん(浦島太郎)だから、役の振り幅楽しめました。

桃太郎の猟奇的なそうまくんよかったよ~!なので、夜も見て良かった!!

かけあいがあんまりないから延々一人でしゃべる感じだったせいで、何度も「ドラマCDだ・・・」って思いながら見てた(バカの感想)

 

昼公演ではそうまくんがおじいさん役だったけど、「龍を助けた桃太郎は」と言い間違えたおかげでわたしの脳内はSUMMARYに。(※アフタートークで、そうまくん「龍をいじめる子どもめっちゃ強いww」)

おじいさん役の声がめちゃ平泉成だなと思ってたら、最後にそうまくん「平泉成役の斉藤壮馬です」って言ってて「合ってた!!」となった。(合ってない) 

 

昼のアフタートークはそうまくんMCで安定だった。ヨッ!名MC!

中学(だっけ?)のときに、美術の課題の自画像(自由表現)で、目元をつぶしたシルエットに、黒と見せかけて呪文のような文字(そうまくん「ニルヴァーナとかニルアドミラリとかw」)で埋め尽くされた背景の厨二全開の絵が卒業式で展示されることになって無事死亡した話がすごくよかった。(そうまくん「親に心配されました」)

あと、台本でドラゴンアッシュの ♬悪そうなやつはだいたい友達~ のくだりが入るんだけど、山下さん優ちゃん「知らない」そうまくん「お客さんでも知らない人も多いんじゃないですかね」って話してて、もうそんな世代なのかと怖くなった・・・・・・・。

 

 

夜のアフタートーク(この表現…)では

 <<好きな昔話>>

そうまくん「したきりすずめ。僕は絶対大きいつづらを選ぶタイプですけどね」

優ちゃん「♬どんな話かわからない~(???)」

そうまくん「アイリスの新曲です?」

 

そうまくん「アーサーくんはやっぱりアーサー王?」

アーサーくん「僕はアーサー王ですね」

そうまくん「ごめんて!!!」

 

<<友達にしたい動物は?>>

そうまくん「動物がまず無理」

山下さん「ヒツジ。よく寝れそうじゃないですか?(ぽわわん」

そうまくん「かわいい~。正解それだったな~じゃあ僕もヒツジで」

 

<<自分にとってのきびだんご>>

そうまくん「僕は、缶と粉とペットボトルで利きポカリが出来るくらいポカリが好きなので」

アーサーくん「アクエリアスとかは?」

そうまくん「ア”!?!?アの字がなんだって!!?!?!?怒」

アーサーくん「ごめんごめん~。どれが一番好きなの?」

そうまくん「細い缶のポの字が一番好きですね」

 

という感じだったかな。最後の挨拶で

「朗読は自分がこの道を目指すきっかけでもあったので、初心に帰れた。養成所で、大事なのは『伝える』ことと教わり、普段はどうしてもマイクに向かって語ることが多いけど、こうやって人の前で演じ、伝え、そして見ている人のリアクションを受けて、自分がやりたいのはこういうことだったと改めて思いました」

みたいな話をしてておばあちゃんは感動しました。

そうまくん有能だし何の心配もしてないけど、もっと大きく育ってね・・・!(どの立場)